スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MOZ MAMMA
スポンサー広告  

グッバイお玉さん、サンキュウ先生、
昨日、MOZが去勢手術を受けてきました。







停留睾丸のため、開腹しなくてはならないことと、片方が触診でも見つからないほどお腹のなか深めで迷子になっていたため、泌尿器へのダメージがないか、などを検討してやっと1才3ヶ月にしての手術となりました。

お腹のなかのままでは腫瘍化する確立は高い、でも、下手したら尿漏れなどのトラブルを引き起こす可能性もある場所。お腹のなかをぐちゃぐちゃにしちゃう先生もいることは知っていたので、病院3件とおとさんともよーく話し合って手術に踏み切りました。


おとさんには、普段は勝気で攻めを辞さないタイプのくせに、MOZに対してはナーバスすぎる、不安は伝染するんだよ、と怒られたりもしましたが、納得することを今回は一番大事な判断材料にしました。

おとさんはおとさんで、あたしが考えすぎることがMOZを不安定にさせる、と心配してたみたい。


そんなこんなもありましたが、最終的にはあたしもおとさんも信頼して任せられる先生たちにMOZのことをおねがいできました。


退院時、隠れお玉さんが処置されるまでを撮った画像を見せてもらいました。
出血も全然なくて、お腹のなかすごくきれい。
覚悟してたほど外側も切られてなくて、外科に強い先生で本当によかった。






職場で病院選びのはなしをした時に、MOZにそこまで!?と驚かれたりもしたけど、やっぱり病院選びも先生への信頼も安心のためには妥協できない、と再確認しました。








それから、時期を遅らせたもうひとつの理由があります。

MOZをちゃんと大人なオス犬にしたい!

カレを家に迎えた時からのあたしな願いです。

MOZは20キロにはいきませんが、ボーダーの中では骨格もがっちりしていて大きいほう。

それなら、家族の和、集団のなかでの和を保てる大らかな余裕のある大人のオスになってほしい。

虚勢をはったり、萎縮したり、無意味に怯えるような、家以外は落ち着けないような犬にはなってほしくない。

パピー時代が必要以上にフレンドリーでテンパりがちで落ち着きがない部分があったので、精神的な成熟も待ってみました。

会社に連れていったり、お教室にも通ったり、ランやお店にも通って、お泊りにも出したり、もちろん人間側の都合もありましたが、とにかくみっちり社会化して様々な場面や場所を経験して、受け入れられる犬になるようにはしてきたつもりです。
どこでも緊張しすぎずに、その場にいることを楽しめるようにはなったかと。

経験を積むことは人が与えられることですが、それだけでなく、性的な成長も精神の成熟には必要。

やっぱり身体と心は切り離せない関係だと思うんです。


よくオスの気質が強くなる前に去勢をすべき、という意見もありますが、トレーナーの先生とも相談し、停留睾丸で手術はマストだけどMOZの場合は身体も心もある程度はきちんと成長してからにしよう、と決めました。

ぜんぶがぜんぶ、そうとは限りませんが、パピーっぽさが残った犬にはなってほしくなかった。
特にうちは大人だけの暮らしなので、カレにも大人であってほしかった。

まだまだ飼い主も犬も未熟だけど、待ったのは正解だったと感じてます。



まだ退院して1日目。
経過から目は離せませんが、まずは一安心です。
痛みはそこまでないらしく、2階のトイレにもちゃっちゃか行ってるし、食欲も旺盛。

開腹傷もシートで保護されてるので、MOZが行けるなら明日から歩き散歩にも出られるそう。

さすがに、だるそうですが、回復は早そうで、いろいろ考えてたぶん、ほっとしてます。





お腹のハゲをおとさんとおかさんに笑われてふて寝中。








おかさんに、あたしのかわいい土星さん、と呼ばれる襟巻きMOZMOZ。

エリカラのふちがスネに当たると痛くて、おとさんが逃げる、MOZが面白がって追いかける、という図式がことあるごとに起きていて、なかなかにぎやかです。
スポンサーサイト
MOZ MAMMA
けんこう   2 0

:♪ボーダーコリー♪ - :ペット


たれり、たれたれ、
襟巻きさんにケンカうることもなく、手術跡を気にはするけど、この状態は諦めて受け入れているおりこうMOZMOZ。


朝起きたら、エリカラぼろぼろなんじゃ…、お腹あいちゃってたらどうしよう…、なんて心配してましたが、なんてことなく昨夜のままのMOZにおはようできました。







テレビで気を紛らわす犬。
カラに夢中でした。
あの曲がいいのか、ダンスがいいのか、昨日もおとさんと釘付けになっておりました。

かーわいいよね!

べつに、10代のアイドルちゃんに夢中でもあたくしは拗ねません。
ええ、たとえ手作りジャーキー片手に呼んでも無視されたりしましたが、拗ねませんよ。
あたしにはあたしの魅了があることは忘れてほしくありませんが、ね。







明日から仕事が始まるので、この状態でのお留守番がちょっと心配だったのですが、1日過ごしてみて、大丈夫そうです。

いまはそれよりも心配なことがひとつ。

このまま、たれ耳になっちゃったらどうしよう……。



こちら昨日。




そんでもって、今朝。



たれ耳に矯正されてきてる!?
たれちゃだめー!!!
MOZの魅了は立ち耳なのにー!!


どうか、どうか、襟巻きMOZMOZを卒業したら、耳がちゃんと立ち直りますように。
MOZ MAMMA
けんこう   0 0

:♪ボーダーコリー♪ - :ペット


土星は卒業。抜糸は土曜。
舐めないよう教えたら、どうにか理解してくれたので、おかさんのかわいい土星さんは今日かぎりで普通の犬にもどりました。






耳が立つ意気込みがあるうちでよかったあ。




本日から愛しい夏休みに別れをつげて、MOZMOZものんびりごろごろできるお留守番週刊に再突入!


おかさんがいなけりゃいないで、たっぷり昼寝ができるため、昨日より縫合跡もずいぶんときれいになってます。
明らかに、昨日より今日のほうが回復してる!
うれしい、よかった、



いっぱい食べて、寝て、
元気なMOZMOZまであとちょっと!








この調子だと、土曜に抜糸できそうです。
MOZ MAMMA
けんこう   0 0

:♪ボーダーコリー♪ - :ペット


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。